» 北欧風に仕上げるラグのコーディネート術 Vol.3

北欧風に仕上げるラグのコーディネート術 Vol.3

情報サイトAll Aboutのインテリアショップガイドで、新聞や雑誌のインテリアや暮らしに関するライターとしてもご活躍のくろだあきこさん。彼女の特集の最終回はコーディネート術からちょっと離れて、北欧でラグが赤ちゃんグッズとして活躍している様子を紹介いただきました。

vol.2を読み逃した方、もう一度お読みになり方はこちらから

Vol.3

スウェーデンのゴットランド島では、赤ちゃんが生まれると、ゴットランドシープのラグを誕生祝いに購入したり、贈ったりするするそうです。ゴットランドデザインは、ゴットランド島在住の山縣里香さんが、ご自身のお子さんの出産の際にラグをプレゼントされ、その毛皮の質の高さに感動したことがきっかけで出来た会社なのだそう。

山縣さんのスウェーデンのお友達はほぼ全員がゴットランドシープのラグを使っていて、小さな子供のいる山縣さんにも「汗をかいてもサラサラしていて気持ちいいから、赤ちゃんが良く寝てくれるよ。子供たちはみんなこの柔らかいラグが大好きよ」と勧められたそうです。

シープスキン・ラグ
ゴットランドシープスキンなどのウール素材には、天然のモイスチャーコントロール機能があり、汗かきな赤ちゃんや子供にぴったりの素材です

実は山縣さん、最初は「赤ちゃんに毛皮って不潔じゃない?しかもチクチクしそう・・・」と不安に思う気持ちがありました。日本だと、新生児には抗菌グッズ、オーガニックコットンという印象がありますもんね。でも、何千年も昔から人々が利用していて、自然の中でのびのびと育ったゴットランドシープの毛、しかも染色や漂白も行っていないと聞いて不安ながらも使いはじめたそうです。そして使用後の感想は「においもなく、さらりとしてて、モコモコした毛のイメージと違って驚きました」。

「いただいたグレーのシープスキンを、最初は長女のバギーに敷いていました。友達に言われた通り、長女はすごく気に入って、よく巻き毛を撫でてましたね。2人目出産のときには新しいのを買って、退院した日から毎日使ってました。おくるみにしたり、皮が柔らかいので、日本から送ったコンビ社のベビーラックの大きさに合わせて端を折り込んで敷いてみたり」と山縣さん。

シープスキン・ラグとルナちゃん
山縣さんの子供たち。赤ちゃんが眠っているときは、シープスキンごと“よいしょ”って抱えたり動かしたりできるので、赤ちゃんが起きずにとても便利なのだとか

その後、ベビーグッズとしては役目を終えたラグですが、現在はインテリアのアクセントとして、自宅のいろんな場所で活躍中。思い出のいっぱい詰まった子育てアイテムであり、インテリアグッズでもある。この一生モノのラグをもっと多くの人に使ってほしい、と思ったのが、ゴットランドデザインの始まり。現地にお店をオープンし、日本での展開も開始した、というわけなんです。

シープスキン・ラグと琉偉くん
ゴットランドシープスキンの、おくるみでの使用例。神奈川県在住のご夫婦は、昨年の12月に生まれた長男、琉偉くんのために購入しました

ここで、実際にゴットランドシープスキンを使っている日本のママさんからのコメントをご紹介しましょう。「くりくりっとした柔らかい毛質が優しく赤ちゃんを包み込んで、ゴットランドのラグを敷くようになってから、ご機嫌な時間が多くなった気がします。インテリアとしても、ひとつあるだけで一気にお部屋のオシャレ度が上がります」と、とても気に入っていらっしゃる様子。
 
さて、ゴットランドデザインのシープスキンは、吸湿性・放湿性に優れたウール素材。ウールは、天然の抗菌作用と消臭効果も備えていると言われています。というのも、ウールの表面から余分な水分を放出するから、ニオイの原因になる細菌の増殖を防止できるんですって。また、天然の撥水性があるので、汚れも付きにくい。普段からホコリを丁寧に払っておいて、時々は風通しのいい場所で陰干しする、というのが基本のお手入れ方法です。また、いざという時にはおしゃれ着用洗剤で洗うこともできます(洗うと天然の抗菌作用は減少するそうです)。

シープスキン・ラグと赤ちゃん
ベビーベッドの上、ストローラーの上、床の上など、様々な場所で自由に使えます。赤ちゃんの肌に触れるものだから、天然の撥水性があって汚れや雑菌を寄せ付けない、というウールの機能はありがたいですね

小さな命の誕生とともに贈られ、ずっと使い続けられるゴットランドデザインのラグ。お子さんの成長に寄り添うインテリアアイテムとして、みなさんの暮らしに取り入れてみてはいかがでしょう。

3回にわたり、ゴットランドデザインのシープスキンラグのご紹介をしてきました。今回が最終回です。私自身もゴットランドシープスキン製品の大ファンなのですが、魅力をちゃんとお伝えできたでしょうか。ご紹介したラグ、クッション、チェアパッド等のゴットランドデザインの製品が、日々の暮らしを豊かにするものとなりますように。また別の機会に、素敵なアイテムをご紹介することができれば幸いです。お読みいただきありがとうございました。

Vol.2はこちらVol.1に戻る