» ゴットランドシープが人気な11の理由

ゴットランドシープが人気な11の理由

User comments

IKEAやビンテージといった北欧家具の人気とともに、機能的で美しい北欧関連グッズが沢山日本でも購入できるようになりました。そこで、最近日本でも人気がでてきたスウェーデンのゴットランドシープについて、なぜ時代を超えて人気があるのか、その理由をまとめてみました。

1.クリクリの柔らかいカールが気持ちよくて、縫いぐるみに触れてるみたいに幸せになれる。

いつまでもなでていたくなるようなサラサラ、しっとりした感触が子供だけでなく大人も癒してくれます。

2.輝くシルクのような美しい毛並みがお部屋をお洒落でゴージャスに見せてくれる

自然の産物とは思えないほど美しい輝きをもつシルキーグレーの毛並み。ちょっと駆けておくだけで、シンプルなソファーもゴージャスに見えるから不思議です。

3.何といっても暖かい

寒いスウェーデンの気候を生き抜く羊さんの毛は、ほんわりと体を温めてくれます。足をのせて置くだけでも下からぬくもりが感じられます。

4、お手入れが簡単

意外かもしれませんが、本物の羊毛はその特質から、布などに比べ汚れをはじいてくれるため汚れが付きにくいのです。そして驚くことに、皮の状態でも呼吸をするのです。だから集った塵やほこり、臭いなどを外に干しておくことで、自分で発散してくれるのです。軽く叩いて家に取り込めば特別なお手入れは必要ありません。でも、汚れが気になったら30度以下のぬるま湯で洗濯機の手洗いモードで洗うことも可能です。

5.毛皮なのに、夏は逆に涼しい!?

不思議なことに、毛皮なのに夏でもサラッとしてて、ひ~んやりした感触が楽しめます。特に冷房の効いたフローリングの床にひいておくと、素足で触れるのが気持ちよくて、わざわざラグの上を歩きたくなります。

6.自然素材だから、体にも環境にも優しい

何といっても自然100%素材。しかも体に危険な化学薬品等は試用せずに製品化されているため、生まれたての赤ちゃんでも安心して使えます。特に、ゴットランドで育つ羊たちは高級な食肉用として大自然の中で大切に育てられています。なので、毛皮はそれを上手に活用した副産物。サステナビリティという観点からもおすすめです。

7.やわらかくて軽いので、小さく丸めて持ち運び、収納も簡単

持ってみると驚くほど軽いのも、ゴットランドシープの特徴。薄くて柔らかい毛皮は小さくたたんだり丸めたりできるので、収納や移動もとっても楽です。

8.汗をかいても吸水して、撥水してくれる

wool

いまだに人間の技術では追いつけないといわれる複雑な毛皮の構造。水分を吸収しては、撥水するというどちらも兼ね備えた機能があるのです。赤ちゃんのベッドにひいておくと、夜中に汗っかきな赤ちゃんでも起きないといわれる所以です。

9.アレルギーの予防にも効果

昔からシープスキンに触れていた子供は動物アレルギーになりにくいといわれていましたが、最近の研究によると、生まれたときからシープスキンの上でねている赤ちゃんは、喘息のアレルギーに79%もかかりにくいという調査結果もでています。By Dr Christina Tischer, the Helmholtz Zentrum Munchen Research Centre (2014)

10.子供が大きくなっても長ーく使える

非常に丈夫なのも毛皮の特質といえます。赤ちゃんの頃から使い続けたラグが、次の世代に受け継がれていく、なんていうのもうなづけます。

11.燃えにくい

毛皮は水分を大量に含んでいて、またアミノ酸の一部として大量に窒素を含んでいるといわれています。なので化学繊維や綿と違いメラメラと燃えていくということがないのです。だから暖炉の近くなどでも重宝されるのです。

どうでしたか?最後まで読んでいただきありがとうございます。見た目や触っただけではわからない、奥の深いゴットランドシープの良さ、少しでもお伝えできたら嬉しいです。