GOTLAND DESIGN ゴッドランドデザイン Blog

北欧風に仕上げるラグのコーディネート術

情報サイトAll Aboutのインテリアショップガイドで、新聞や雑誌のインテリアや暮らしに関するライターとしてもご活躍のくろだあきこさん。くろださんご紹介の、「北欧風に仕上げるラグのコーディネート術」を再掲載いたします。ラグのコーディネート、ぜひご参考に!

北欧風に仕上げるラグのコーディネート術 Vol.1(クリック)
北欧風に仕上げるラグのコーディネート術 Vol.2(クリック)
北欧風に仕上げるラグのコーディネート術 Vol.3(クリック)


 

  2017年12月18日

スウェーデン大使館でのイベント

今日は、スウェーデン大使館での、「スウェーデンのオーロラ&クリスマス in スウェーデン大使館」という「オーロラ」を北スウェーデンのキールナに見に行こう!という夜のイベントに参加してきました。スウェーデン大使館さんへのご挨拶も兼ね、また、あわよくば、キールナ往復旅行チケットをゲットしようと、スウェーデン大使館へ。お知り合いの大使館員の方々にご挨拶し、イベント開催のノーベルオーディトリアムへ。
「オーロラ」はどうやって見るのか?寒いのか?キールナとはどこか?などなど、「SASのキールナ直行便パックツアー」のプロモーションではありましたが、知らないことも多く、なかなか楽しいイベントでした。また、ツアー滞在の素敵なホテル、「リパンホテル」(クリック)の客室紹介写真の中に、ゴットランドシープスキンのラグを発見!(クリック)やはり、さり気に使われていますね、と感心した次第です。

キールナ往復旅行チケットは?いかに?

う、はずれました … が、ゴットランドシープスキンラグも発見できて、楽しい一夜となりました。

  2017年11月15日

【簡単でおいしい!スウェーデンのレシピ】コルブ・ストロガノフ

今回は、そろそろ暖かいものが食べたくなる季節にぴったりのコルブ・ストロガノフを紹介します。さすが夫婦共働きが当たり前の、食事の用意に手間暇かけていられないスウェーデンらしい一品です。つまりいつもの如く簡単で、でも美味しい一品です。

■用意するもの(約4人分)
※目安ということで、量は適当でも美味しくできます。

深めのフライパンかお鍋を用意。

材料

  • ソーセージ   大き目4~5本
  • 玉ねぎ     中1個
  • トマト缶    1個
  • ブイヨン    1個
  • ケチャップ   大匙2
  • 醤油      大匙1
  • コショウ    適当
  • サラダ油    少々
  • パクチー   (飾りとして)

作り方

お鍋かフライパンを熱し、油をひいて玉ねぎを透明になるまで炒めます。

そこに、一口大にきったソーセージを入れて軽く炒めます。

さらにトマト缶、ブイヨンを入れ、5分程度煮込みます。

ケチャップ、醤油、コショウで味付けしたら出来上がり。

飾りにパクチーをのせると味にアクセントがでて、見栄えもきれいです。

ご飯やパスタにかけていただきます。

子供にも大人気の一品です。ぜひお試しください。

今までのレシピまとめはこちら

タグ:   2017年10月06日

97%が「自分の住む街が美しい」といいきるゴットランドの住人

すっかりブログのアップデート怠けててすみません。今日はゴットランドがいかに美しい街かというお話。あるSifoという企業が行った調査によると、スウェーデンの中で、最もゴットランドの住人が自分の街が美しいと感じている(97%)という結果がでたのです。なんと、ほぼ全員!例えば馬の置物で有名なダーラナなどは68%というからかなりな違いです。中世の街並みが残るヴィスビーもさることながら、美しい夕日を満喫できる高台、愛の小道と呼ばれる森の小道などなど、どれも感動ものです。スウェーデンに旅行する機会があったら、ぜひゴットランドはおすすめです。

  2017年05月13日