GOTLAND DESIGN ゴッドランドデザイン Blog

生まれたての赤ちゃんとシープスキン

そもそも、このゴットランドデザインは、「生まれたての赤ちゃんに、ゴットランドシープスキンがとっても役立ったから、ぜひ日本の人にも教えてあげたい!」という単純かつ熱い思いがきっかけ。そういう私も最初は、毛皮=ワイルドだし、抗菌じゃないから生後間もない赤ちゃんには…と抵抗がありました。でも友達にプレゼントされ、しかも汗っかきの赤ちゃんでもぐっすり朝まで寝てくれるとスウェーデンの地元の人から教わって、物は試しにと思い使ってみることにしたのです。

すると本当に子どもが安らかに寝てくれるではありませんか!その後気になって色々勉強してみると、羊毛というのは、実はいまだ人間にも真似できない高度な構造をもっていて、吸湿性と発湿性を用い、温度を一定に保つという特性があるのだとか。だから赤ちゃんが温度の変化で起きることが少ないのかも。他にもThe Lancet*では、シープスキンの癒し効果が赤ちゃんの眠りを助けてくれるという調査結果を紹介。さらには欧州呼吸器財団(ERS)によると生後3か月以内にシープスキンなど動物の毛の上で寝ていた赤ちゃんは、大人になってから喘息や他のアレルギーになる確率が低いという研究結果も発表されてました。

実用面でも、出先で眠り込んでしまった赤ちゃんをベビーカーからラグごとひょいっと(赤ちゃんを起こすことなく)ベッドに移動できたり、冷たい床にさっと引いて寝転がせておけたり、あらゆる場面で大活躍。特にゴットランドシープスキンの子羊の毛はふにゃふにゃと柔らかくて薄いので、端を折ることでベビーカーにぴったりサイズを合わせられることもポイント高し。

先日もお客様から、「赤ちゃんがよく寝てくれました!」「子育てにとっても役立ってます」という嬉しいコメントをいただきました。欧米では一般的なシープスキンを使った子育て。あなたも試してみませんか?ちなみに、子供が大きくなった今でもインテリアの一部として多いに愛用しています。

*The Lancet; 英国の医療業界雑誌

  2018年09月24日